キャッシングの意外な落とし穴|カードローンとキャッシング

通るか不安?お金を借りるのに必要なカードローン審査の基準は?

毎月の給料が少なく、日々の最低限の生活を送るだけでも、金銭的に難しい人にとって、冠婚葬祭などで急にまとまったお金が必要な人は、お金を捻出することが難しいです。足りないお金は、誰かに借りることになりますが、親族や同僚などにお金を借りることは避けたいものです。誰にも知られずにお金を借りる手段がカードローンです。一定の基準をクリアすれば、借入れる上限金額は異なるものの、ご自身の収入と返済する能力があれば、融資を受けられるのです。しかし、注意しなければならないことは、金利がとても高いということです。利息制限法という法律で、上限金利が定められているものの、預金する際の金利と比べますと、はるかに高い金利負担をしなければならないのです。一括で返済できる見込みのある人ならば良いのですが、カードローンを利用しますと、日割りで金利を負担しなければならないので、リボ払いなどの分割返済にしますと、金利負担分だけで相当な金額になります。借りたお金は、金利も含めて絶対に返済しなければなりません。安易な気持ちでカードローンを利用しますと、借金地獄に陥る可能性もあるということを理解すべきです。審査の過程で融資を受けられるできない人もいます。安定した職業に就いており、収入が安定していれば問題ないのですが、そうでない場合は、融資を受けられないのです。便利なカードローンサービスですが、返済計画をしっかり立てておかなければ、最悪、ご自身の全財産をなくす可能性もあるのです。

 

カードローン審査でチェックされる基準は?

 

カードローン会社で融資を受ける際には、必ず審査を受けることになります。借金は絶対に返済できなくてはなりませんので、返済できる能力がある人でなければなりません。つまり、安定した収入があり、定職についている人、他に多額の借金などがない人、過去に金融事故を起こしていない人などが対象になります。申し込みをすることは簡単です。カードローン会社の店舗に行けば、その場で審査を受けることができますし、無人契約機でも契約ができます。最も簡単な方法としては、インターネットを利用して申込みをすることです。最低限の入力事項はありますが、パソコンやスマートフォンに慣れている人ならば、それほど苦労することはありません。即日融資を受けたいような人は、午前中の早いタイミングで申込みをすれば、審査も早く、すぐにご自身の銀行口座に入金してもらえます。カードローンでチェックされることは、しっかり返済できるか否かということですので、信用情報機関という組織に過去の負債の返済状況などを確認されることになります。ブラックリストという言葉がありますが、過去に借金の踏み倒しや、支払遅延を何度も起こしているような人は、審査に通ることができません。また、利用できましても、上限の金利を適用されることが多く、リボ払いなどの分割払いにしましても、毎月の返済だけで窮することもあります。分割払いなら、月々の返済に困らないなどと簡単に思っている人は、いずれ返済ができなくなるので、注意が必要です。

 

カードローン審査の在籍確認の方法は?

 

カードローンの申込みをしますと、必ず本人確認や在籍確認をされることになります。本人確認は当然、カードローン会社がすべきことです。申込者が本人でなければ、融資することはできないのは容易に理解できることです。申込みの時点で多額の借金があるような場合には、返済能力がないと判断されることもありますが、そうではない場合には、融資をした後に本当に返済できるか否かということをしっかり調べるのがカードローン会社です。カードローン会社には、あらゆる業態があります。銀行系もありますし信販系もあります。しかし、最も融資を受けやすいのが、消費者金融系の貸金業者です。ノンバンクというのですが、預金などのサービスはなく、融資をして、金利収入を得るという専門業者です。収益の源泉が融資した際の金利分ですので、返済できない可能性のある人には融資はできません。返済できる基準としては、毎月の安定した収入が第一基準となります。申込者が勤務先を伝えて、年収などの情報を伝えても、あくまでも自己申告なので、カードローン会社は、しっかり調査をすることになります。その方法としては、収入を得ている会社への在籍確認です。収入を得ている会社に在籍しているか否かを電話で確認するのです。もちろん、申込者本人が電話に出る必要はありませんし、カードローン会社が社名を出して、確認することはありません。ご自身がいなくても、上司や同僚などが、例えば席をはずしているといえば、それで、確認がとれるのです。

 


アコム 東京スター銀行 キャシングの落とし穴 意外と簡単なカードローン